読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Laboratory of Scarlet

メモと所感と技術記事

JuliusのサーバーモードをRubyで扱うときに気を付けること

メモ

Juliusという音声認識エンジンには、サーバーモードというモードが存在します。それを利用すると、TCP/IP通信で、Juliusの認識結果を受け取ることができるです。

その時、Juliusが吐き出すデータ形式XMLとなっています。そのため、RubyのREXMLという標準ライブラリを利用すればいいのですが、ここで一つ注意点があります。

Juliusが出して来るデータの中に XMLの中にXMLが入っている ということがあるからです。

これは知っていないと面倒になってしまうので、気を付けてください。

置換は、XMLのデータをxml['<s>'] = "";xml['</s>'] = ""といった感じでやってあげればすぐに済みます。