Laboratory of Scarlet

メモと所感と技術記事

ポエム

高校3年生になり、ついに大学受験のための勉強をはじめざるを得なくなってしまった。

私はもともとコツコツとなにかをするということが苦手であり、もちろん勉強をする習慣なんてなかったため、三年間こつこつ真面目にやってきた優秀な人達に追いつくために夏休みのかなりの時間を受験勉強に割くことになった。普通の高校生なら当たり前なんだろうけど。

私が通っている学校は少しだけ普通の学校とは違う活動をしている人が多いため、推薦やAOで大学を決める人が多い。二年の終わりまでは私自身そうやって進路を決めていこうかと思っていたのだけれど、一番行きたい大学の推薦がとても厳しいということを去年の結果から知ったので、一般で行くしかないと覚悟を決めた。

夏休みに入ってからの勉強の進捗具合は悪くはない。一番自分が問題として抱えているのが、休日と平日のやる気の差だ。

平日は所謂夏期講習をとっているため、そこにある自習室などを活用して、それなりに勉強出来ているとは思うのだが、休日になるととつぜん気が抜けてしまい、家の机の前で魂を抜かれたようにぼーっとする時間が多く、休日の勉強時間は皆無と言っていいほどである。

もともとONとOFFの切り替えが苦手な人間なのだけれど、これだとマズイ気がする。というかマズイ。百合CPについて考えていたら大学落ちましたなんて、そんなに面白くもないし洒落にならない。なんとかしないと。アイマス百合の沼の深さがいけないのかもしれない。

結論

アイマスが悪い。