Laboratory of Scarlet

メモと所感と技術記事

感情

どうにもやっていくことがしんどくなってきたので、つらつらと書いてみる*1

どうにも最近、自分の成長みたいなものを考えることができなくなってきた。というか感じられなくなってきた。 もちろん人間なので全く成長しないことはなくて、知識は当然情報系学生として生活していくうえで増えてはいるんだけど、それが体系的でないため実力になっている気配がない。もちろん「体系的に学習しろよ」と言われればそれだけなんだけど、そうもいかない。

というのも、体系的に何かを学習するということは自分のための時間が確実に用意されている必要がある。それがない。スキマ時間による勉強は、一度体系的に勉強したもの | し始めたものにおいては効果があるとは思うんだけど、何か自分のためのスキルを学ぼうと考えている状態だとなかなか難しい*2。時間がないなら作るべき、というのは正しくて、しかし時間がないのも事実ではある。

時間がないのはなぜなのかというと、明らかに自分以外の人間に割いているリソースが多いから。部活や後輩の教育等にかなりの時間を割いていて、しかもそれが自らにリターンがないという最悪の状態になっている。 プログラミング教えるのも勉強になるよ、という意見は度々聞くけど、実はそうでもないと思っていて、教育方面に興味がある人間ならまだしも、それが「自らのスキル」になることは少ない。もちろん教える事自体は面白いし、やりがいがないとは言わないが、興味深い事項が全て自らのスキルになるわけではないし、興味深い、面白いものを自らのスキルにするためには、ある程度そのことに関して冷静になり反省や振り返りを入れることができる時間が必要だと思う。

じゃあつべこべやっていないで時間見つけてやれよ、というのはそうなんだけど、自らがリーダー的立場でやっていく必要がある場所においては、発生したトラブルやもろもろの手続きに関してもやっていく必要があって、そういう時間は確実に削られていく。また疲労もあって、時間があっても気力があるとは限らない。

また、スキルアップのために自らより強い人間のいる場所に行って実力をつけようと思っても、普段から自己研鑽ができる人に大抵場所を奪われてしまうので*3、そういった機会にも恵まれない。資産があるものが更に資産を増やすことが容易い一方で、資産のないものがそこから資産を増やすことが難しいという構造は、知識やスキルにおいても成り立つ。

それはちゃんと運用出来ないお前が悪いのだろうと言われるとそれはその通りなんだけど、実際出来ていないのは事実で、それが自分の外部にあることも事実だと思う。徹底した自己責任論を運用してくのもいいかもしれないが、普通に鬱になる。だからといって現状周りを責め続けるわけにもいかなくて、にっちもさっちも行かない現状を憂いながら、明後日までに作らないといけない教育資料のことを考えている。

*1:ブログの更新を最近していないせいで広告が出ているのを回避したい気持ちもある

*2:怠慢と言われればそれまで

*3:もちろんその人達は正しいことをしている